親切な 空港、 また行きたい 空港、

真心を込めた最高のおもてなしでお客様をお迎えいたします。

김포공항 청사 사진
金浦空港はソウル市江西区ハヌルギル100(空港洞)に位置している。
1939年当時、京畿道金浦郡楊西面芳華里に日本軍が滑走路を建設したことで始まった空港の歴史は、この後、米空軍が使用してから、民間航空機の運航が可能になり、1954年以来、韓国でも一部を使用できるようになった。
その後1958年に、大統領令で金浦国際空港に指定され、1971年、本格的に空港の様子を整え始めた。
韓国の国内空港の一番上の兄役として、その場を堅固に守ってきた金浦空港は、現在空港だけでなく、 「スカイシティ」と呼ばれる複合文化、レジャー、ショッピング空間として空港利用客にもう一つの楽しみを与えている。
Gimpo International Airport

HISTORY

1939
金浦飛行場で開港(当時の行政区域上、京畿道金浦郡楊西面芳華里に日本軍飛行場で始まる)
1949. 08
韓・米間金浦飛行場運営協定
1957. 05
金浦飛行場の緊急補修工事が完工し、国際空港として使用
1958. 01
金浦国際空港の拡張工事(汝矣島空港合流)
1958. 04
金浦国際空港を正式国際空港に指定
1958. 12
大韓国民航空会社(KNA)の国際線の金浦国際空港就航
1960
金浦国際空港の総合庁舎(現国内線庁舎)竣工
1967
全方向式無線標識施設(TVOR)が初めて設置される
1971
金浦国際空港の国内線庁舎竣工
1973
国際線総合庁舎(現国内線庁舎)の拡張工事竣工
1974
滑走路、誘導路、係留場、旅客ターミナル、駐車場などの空港施設の拡張
1978
誘導路の拡張及び貨物ターミナルの新築工事完了

컨텐츠 상단으로 이동하기

住所:
電話:
評価:
ウェブサイト: