* 各領域をクリックすると詳細情報を確認することができます。

入国申告書の作成

他の国を訪問するときは、その国に必要な入国カードと出国カードを作成する。各国の出入国申告書の内容は、似ていますが、フォームは、少しずつ異なっている。

入国申告書の作成
商品名 外国へ行く飛行機に乗って目的地が近づくと、女性乗務員が歩き回りながら入国カードと税関申告書を配る。
これは、外国に入国するための入国申告書で、飛行機をすぐに乗換し、移民局を通過しない人は、書く必要はないが、その国に入国するためには、必ず必要な書類ですので、事前に作成しておく。
ここでも出入国カードは入国と出国の2枚を作成し、出国申告書は、その国を出国する際に必要ですので、大切に保管しておく。
外国入国審査台で、担当者に入国申告書とパスポート、航空券を提出して入国審査を受ける。
外国出国 外国に入国する前に作成した入出国カード2枚の中から入国申告書は入国審査台に提出して、出国申告書は大切に保管しておき、その国を出国するとき出国審査に提出すればよい。
入国カードの作成 入国カードの文字は、通常、明確に英語の大文字で書くようになっており、空欄をなるべく作らなずに記入する。

税関申告書の作成

  • Name、Sex、Nationality、Date of Birth、旅行目的、滞在地の住所などの基本的な事項は、入国申告書と同じ要領で作成
  • 果物、植物、肉、食品、土壌、鳥、蛇など生きている生物を所持しているかどうかを問うところにNoに表示をする。
  • 各国で申告基準にしている金額以上を所持したのかを問うところにYesまたはNoを表示所持した物品の算出合計をドルで表示する。
  • 米国税関申告書の場合裏面の注意事項(Warning)には、必需品、違法、輸入品は、量に関係なく、米国の法律に抵触され、制限する農産物を搬入したときは、必ず税関に申告しなければならず、違反した場合は、罰金に処するという内容がある。
  • 税関申告書の作成が終わったらもう一度よく読んで署名する。
検疫及び検疫質問書の提出
商品名 コレラ、黄熱病、フェスト汚染地域(東南アジア、アフリカ、南米)から入国する乗客は、機内で配られる検疫質問書を作成、提出し、旅行中の下痢、腹痛などがあった人は、検疫官と相談して、必要な検査を受けて、帰国後1週間以内に同じ症状がある場合には、検疫所や最寄りの保健所に申告する必要があります。熱帯熱マラリア流行地域の旅行者は、医師(国立医療院一般内科など)と相談し、必要と判断される場合には、薬局(輸入薬品取り扱い薬局)でマラリア予防薬を買って服用した方がいいです。
動物検疫

乗客が携帯した動物と畜産物は、入国してすぐに国立獣医科学検疫院(動物検疫所)に申告して検疫を受けなければならず、輸出国で発行された動物検疫証を提出しなければなりません。ペット検疫官の検査を受けた後、動物検疫所係留場で検疫を受ける必要があります。犬を3匹以上輸入するときには、係留場の使用許可を事前に検疫院から受ける必要があります。

肉類

輸入許可地域でのみ携帯搬入することができ、相手国の検疫証明書を添付して、動物検疫官に輸入申告をしなければなりません。
検疫証明書を添付していない場合には、返送または焼却されます。

植物検疫 植物類を携帯して入国する乗客は、入国してすぐに植物検疫所に申告し、検疫を受けなければならず、搬入事実を隠した場合には、最大500万ウォンの過怠金処分を受けることになります。輸入可能な植物であっても検疫対象病害虫に感染したものは、消毒または廃棄など検疫処分を受けることになり、植物防疫法第7条による輸入禁止植物を輸入した場合には、搬送または廃棄処分されます。
入国審査
パスポートまたは船員手帳 すべての入国者はパスポートまたは船員手帳を所持しなければなりません。大韓民国政府が指定した未修交国の国民は、在外公館で外国人入国許可証を取得すれば入国が可能です。国際連合(UN)が発行したLAISSEZ PASSERも有効なパスポートと見なされます。
入国査証 すべての外国人は、在外大韓民国大使館や領事館で査証を発行されなければなりません。ただし、複数査証または再入国許可を受けたり、査証免除協定国の国民は、入国査証の発行を受ける必要がありません。
ノービザ入国 観光または通過の目的で入国しようとする乗客は、特別な事由がない限り、15日の範囲内で査証なしで入国、滞在することができ、滞在期間は、特別な事由がない限り延長することはできません。

搭乗航空会社に委託した受託手荷物のの回収

  • 受託手荷物の回収台上部の便名の案内標識参照
  • 受託手荷物の未着時に、当該航空会社に申告(手荷物表必ず持参)

お問い合わせ

入国審査
自主申告 入国時海外購入価格がUS$600以上の物品(申告対象物品)を旅行者が自主的に申告する場合には、原則として申告額を認めて税関検査を省略することができます。申告対象物品を自主申告していない旅行者が税関に留置された物品を通関する場合には、当該物品の税額とその税額の20%に相当する加算税が課されるのはもちろん、商用品として認められる物品を搬入した場合には、精密検査を受けることになります。
免税通関が
可能な物品

物品リス

  • 利用者1人当たりの海外合計取得価格US600相当額以下の所持品または贈り物(ただし、農畜産物及び漢薬剤などは それぞれ10万ウォン以内である)
  • 酒類1本(US$400以下であり、1リットル以下のもの。)
  • タバコ(シガレット200本、葉巻50の本、その他のタバコ250グラム)
  • 香水2オンス
  • 出国時に税関者の搬出確認を受けて再搬入する物品(個人用品、職業用品など)
  • US$250相当額以下の見本品
要件が整えば
通関が可能な物品

物品リス

  • 銃、刀剣などの武器類(模擬または装飾用を含む)や爆発物居住地地方警察庁長の輸入許可
  • 動物(肉、皮、剥製を含む)及び農畜産物、動植物検疫所長の検疫
  • US$10,000相当額を超える外貨及びウォン貨(小切手、T/ Cなどのすべての対外支払手段を含む)税関に申告すれば通関が可能。
    (ただし、ウォン貨及び外貨表示T/ Cを除く内国支払手段は、金額にかかわらず、税関者の許可を受ければ問題ありません。)
  • 20枚以上の画像が収録されたアルバム及びビデオ映像物等級委員会推薦
通関ができない物品

物品リスト

  • 麻薬、向精神薬及びこれらの製品
  • 国憲、公安、わいせつ物などの風俗を阻害する物品
  • 書籍、写真、ビデオテープ、フィルム、CDなど
  • 偽造変造された貨幣及び紙幣
  • 国際条約によって保護されている絶滅の危機の野生動植物及び、これらの製品
  • 熊の肝、麝香などの動物漢薬剤と虎、カメ、ワニなどの剥製、毛皮、象牙など

07入国完了

컨텐츠 상단으로 이동하기

住所:
電話:
評価:
ウェブサイト: