経由時の注意事項

目的地まで行く途中に他の地域に立ち寄って行くことをトランジットといいます。乗客の乗り降りや給油、給水、機内食の補充、乗務員の交代と機内清掃、機体の調整などをすることになり、通常一時間程度かかりますが、状況に応じて、乗客は機内または待合室で待つことになります。
特に格安航空券ほどトランジットの回数が多いので、該当フライトのトランジット回数を確実に確認しておくことをお勧めします。

乗り換え(トランスファー)時の注意事項

トランスファー、すなわち乗換えは、一般的に国際線が就航する大都市において、他の国に行ったり、国内線で地方都市に行く際に行います。
トランスファーは通常国内で予約しますが、チェックインは現地で行います。ただし、荷物は最終目的地まで着くように預けます。
ただし、米国に入国する際は中継地で荷物を回収して検査を受ける必要があります。

Bumped 状況

予約をしたにもかかわらず、Check-inができない状態で、予定された時間に飛行機に乗れない場合がありますが、これは全て航空会社の責任なので、この場合は航空会社が代替えフライトを手配してくれたり、乗客の追加料金や時にはホテル宿泊費を負担してくれることもあります。
この場合、航空会社が負担する金額は、乗客が利用するフライトのスケジュールと距離によって異なりますが、通常料金の範囲内となります。
そのため、一度出てチェックインをし、座席を割り当ててもらった方が良いでしょう。

航空券を紛失した場合

旅行中に航空券を紛失した場合は、チケットを購入した航空会社や航空会社の代理店を訪ねチケット番号、発券年月日、区間などを伝えれば、再発行することができます。
しかし、時間がかかりますので、金銭的に余裕があれば、再度航空券を購入し、帰国後に新しく購入した航空券(乗客用)と身分証明書を持参し、当該航空会社の本社に行けば現金で払い戻しを受けることができます。余裕がない場合はPTAプリペイド通知を利用することも可能です。
これは韓国在住の知り合いに頼み、海外の当該航空会社の支店に行ってチケットを受け取ってもらうという方法です。念のため航空券番号、発券年月日、区間、旅行代理店や航空会社の電話番号は、控えておくと良いでしょう。

受託手荷物を紛失した場合

まず、「Baggage Claim」という受託手荷物の紛失申告所に行って申告をします。この時、手荷物の預かり票の提出と荷物の特徴を知らせる必要があります。
海外旅行保険に加入した人は、紛失証明書を空港や航空会社から発行してもらい、見つからなかった場合に補償してもらうよう備える必要があります。

컨텐츠 상단으로 이동하기

住所:
電話:
評価:
ウェブサイト: