経由地の注意事項

目的地まで行く途中に、他の地域に寄ってから行く場合をトランジットと言いますが、乗客の乗降や給油、給水、機内食の補給、乗務員の交代、機内清掃、機材調整などを行うために普通は1時間程かかりますが、状況によって乗客は機内または待合室にて待つこととなります。特に、格安航空券であればトランジットの回数が多いので、飛行の全回数を確実に知っておいた方が良いです。

乗り換え(トランスファー)時の注意事項

乗り換え。すなわち飛行機を乗り換えることを意味しており、国際線のある大都市から他の国に行ったり、国内線で地方都市を利用することになる時、トランスファーを利用することになります。トランスファーは通常、国内にて予約をしますがチェックインは現地で行います。貨物は最終目的地まで送られます。ただし、米国に入国する場合は中間の経由地で荷物を受け取り、検査を受けた場合のみトランスファーが可能です。

オーバーブッキング

予約をしたのにも関わらずチェックインが出来ない状態で、予定時刻に飛行機に乗れない場合がありますが、これは全面的に航空会社の責任であり、このような場合は航空会社にて搭乗可能な別の飛行機を確保してくれたり、乗客の追加費用や、時にはホテルの宿泊費を提供してくれることもあります。この時航空会社にて負担する金額は、乗客がこれから利用することになる飛行機のスケジュールと距離によって異なりますが、たいていチケットの料金に及ばない金額です。その為、あらかじめチェックインをして座席を指定しておいた方が良いです。

航空券を紛失した場合

旅行中に航空券をなくした場合、チケットを購入した航空会社や航空会社の代理店を訪ね、航空券番号、発券年月日、区間などを伝えると、再発行を受けることが可能です。
しかしながら、時間がかかるためお金に余裕があれば、再度航空券を購入し、帰国後新しく購入した航空券(乗客用)と身分証をお持ちになり該当の航空会社本社をお訪ね頂きますと、現金での払い戻しが可能です。万が一余裕がなければPTA先払い通知をご利用下さいませ。この方法は韓国にいる知り合いの方にお願いをし、海外の該当航空会社支店をお訪ね頂くだけで構いません。
万が一のために航空券番号、発券年月日、区間、旅行会社や航空会社の電話番号は必ずメモをしておいた方が良いです。
 

航空貨物を紛失した場合

まず、''バゲージクレーム''という手荷物紛失申告所に行き、申告を行います。この時、手荷物タグの提出と貨物の特徴を伝えなければなりません。海外旅行保険に加入した方は、紛失証明書を空港または航空会社にて発行し、見つからなかった場合の補償問題について備えなければなりません。

컨텐츠 상단으로 이동하기

住所:
電話:
評価:
ウェブサイト: